任意売却の手続き

しっかりとした返済スケジュールを立てて住宅ローンを組んだものの、さまざまな事情によって、 返済が難しくなることもあり得ます。その様な場合、競売や任意売却などによって、金銭的な問題が解決することは少なくありません。その内、ローンの返済が不能となった時、金融機関には、担保物件を競売にかける権利があります。 ただ、競売にかかったことが周辺の住民に知られたり、市場価格よりも安い落札金額が設定されたりするのを防ぐためには、 任意売却の手続きをすると良いでしょう。 任売では、取り引きを進める上で、売却する人の自由度が高まるというメリットがあります。 例えば、物件を引き渡す時期に関して、競売では、落札者の都合が優先され、強制的に退去させられることが少なくないのに対して、任売の場合、相談に応じてくれる可能性が高くなります。

また、任売の手続きに関して、弁護士などに相談しても、まともに取り合ってくれないケースが稀ではありませんので、注意する必要があります。 弁護士などの中には、競売や自己破産が避けられないことであると、自信を持って言い切るスタッフも少なからず見受けられます。 しかしながら、不動産取引の専門家に相談すると、任意売却の手続きに関しても適切な助言、アドバイスが得られるケースが少なくありません。 当サイトでは、任意売却の手続きに関して、詳しく解説します。ローンの返済に困って、問題を解決する手段の選択を迷っている人は、是非とも参考にしてみてください。

競売と任売の違い

物件を購入するに際して、イニシャルコストによる経済的な負担を軽くするために、住宅ローンを組むケースは少なからず存在します。それらのローンは、事前審査の段階で、しっかりと返済がなされるという見込みが立たなけれ・・・

詳しく見る

任意売却のメリット

任意売却という名称からも察しがつくように、こちらの手続きでは、強制的に取り引きがなされるという心配はありません。その辺りの事情から、物件を売却する人の自由度が高まるのは、任売の大きなメリットと言って良いでしょ・・・

詳しく見る

自己破産に伴うリスク

弁護士などに、住宅ローンの返済などに関する相談をして、自己破産をすすめられた人も少なくないでしょう。その種のスタッフの中には、競売や自己破産以外の選択肢は無いと、強い口調で言い切る人も少なからず存在します。ただし、・・・

詳しく見る